淳心学院の教育改革

淳心学院の教育改革

2014/05
学力を伸ばす工夫

新聞で既に報じられていますが、毎年全国の小6と中3を対象におこなわれている全国学力調査と、同時に実施されているアンケートの結果から興味深い分析内容が発表されました。まず1つは親の年収や学歴が高いほど、子どもの学力が高い傾向が明らかになったということです。このことは前から既に指摘されていたことですが、親の年収や学歴が高いグループの家庭では、低いグループの家庭に比べ、英語や外国文化に触れるよう意識する、本や新聞を勧める、計画的に勉強をするように促すことが多いとされています。また年収が低いグループで成績が上位であった子の特徴は、規則正しい生活(朝食の習慣、ゲーム時間の制限)、読書について親が働きかける、勉強について親子で話す、家での学習習慣があるなどの点がおなじグループの成績下位の子より多く見られたということです。ここには学力を伸ばすための家庭での工夫の仕方が、かなりはっきり示されていると思います。新聞や読書に親しむことによって、現代の世界の動きに関心を持ち、先人の思想や知識に触れ、論理的な文章構成力を身につけることができます。また親子で勉強や進路について話をすることは、コミュニケーション能力を培うことや将来の生き方についての動機づけに役立つと思います。これらのことをそれぞれのご家庭でも参考にしていただけたらと思います。

学校案内
中学入試について
淳心教育の特色
進路
学校生活
学校法人淳心学院中学校・高等学校
〒670-0012 兵庫県姫路市本町68 TEL:079-222-3581 FAX:079-222-3587

デジタルパンフレット