淳心学院の教育改革

淳心学院の教育改革

2017/01
展望2017

  新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  今年の正月は本当に穏やかな年明けとなりました。この1年が災害のない平和な1年となるよう祈りたいと思います。

  さて、淳心は今年は改革4年目を迎え、改革学年はM4になり高校生になります。大学進学という目標がいよいよ現実のものとして感じられるようになる時期だと思います。淳心はいうまでもなく6つの学年からなり、それぞれの学年に平等に必要な配慮とサポートを行っているつもりですが、世間的な期待と評価が改革学年に向けられていることも事実です。そうしたことも踏まえて今年も各学年、一人一人の生徒の確かな成長のために頑張っていきたいと思います。ところで去年の暮れに気になるニュースの発表がありました。2016年に生まれた子供の数が100万人を割ったというニュースです。1年間に出生する子供の数はここ20年ほど毎年確実に減少していましたから、いつかはこうなるだろうと予想していましたが、ついにその年がやってきたということです。もちろんここまで出生数が減少したのは戦後70年で初めてのことです。原因はいろいろ考えられます。出産適齢期にある女性の絶対数の減少や結婚しない男女の増加などが理由としてあげられていますが、私は今の日本の社会で子育てをしていくことに不安をもち、子供をもつことを躊躇している人たちがいるのではないかと思っています。今の日本の社会の気分を一言で言い表せばそれは「将来に対する不安」でしょう。これはもちろん簡単に解決できる問題ではありません。いずれにしても子供の数が減り続けているということは、教育の世界、学校にとっては厳しい現実が続いていくことを意味しています。

  目を世界に向けると、具体的に何をおこなうか全く未知数のトランプ大統領のスタートの年であり、フランスの大統領選挙やドイツの総選挙が行われる年です。現状に不満をもった排外的なナショナリズムのうねりが先進国で今年も継続していくのか注視していかなければならないでしょう。国内でも今年の何時の時点でか総選挙が行われる可能性が高いようです。「将来の不安」を解決するためにはどうしたらよいか真剣に考えていかなければならないと思います。

学校案内
中学入試について
淳心教育の特色
進路
学校生活
学校法人淳心学院中学校・高等学校
〒670-0012 兵庫県姫路市本町68 TEL:079-222-3581 FAX:079-222-3587

デジタルパンフレット