淳心学院の教育改革

淳心学院の教育改革

2018/06
法学部説明会

 5月26日(土)に大阪大学の法学部長の林智良先生と准教授の松本充郎先生においでいただいて、視聴覚教室で法学部説明会をおこないました。林先生は本校21回生、松本先生は本校31回生とお二人とも本校OBで松本先生は私の教え子でもあります。視聴覚室はほぼ満席で印象としては生徒より保護者の方のほうが多い感じでした。最初に林先生が話しをされ、「法学部で学ぶということ」という題で、法学部のカリキュラムや卒業後の進路、法学士への期待と利点、大阪大学法学部の紹介などの話をされました。最後に研究者としての自己紹介をされ、ローマ法が専門で、古代のローマ帝国の時代の法学者が社会の中でどのような活動をしたかが研究テーマであると話されました。次に松本先生が話しをされ、法律が現実の社会の中でどのように生かされているかという側面に関心があるということで、地方自治体の条例制定などに関わっていると話されました。そして今取り組んでいる研究課題として人口減少にともなう土地所有権の空洞化をあげられ、特に地方における山林の所有権の空洞化とそれにともなう森林管理の問題について話されました。そして山林の所有者が森林の管理放棄をする原因とその対策についても話しをされました。この問題は今山林だけではなく日本全国で問題になっているテーマです。お二人の話はそれぞれに興味深くそれぞれの持ち時間30分はいかにも短くてそれが残念でした。講演会が終わった後、お二人とは校長室で話しが盛り上がったのですが、教師にとって教え子で社会で活躍している人から、専門のおもしろい話を聞かせてもらえるというのは教師冥利につきるといってよいと思います。最近は進路の関係で外部のいろいろな分野の先生が来られて話しをしていただけます。また探求の授業では兵庫県立大学のたくさんの先生方が来られて自分の研究分野の話をされています。生徒たちがこれらの話を聞いて自分の進路についていろいろ考えてくれることを期待しています。

学校案内
中学入試について
淳心教育の特色
進路
学校生活
学校法人淳心学院中学校・高等学校
〒670-0012 兵庫県姫路市本町68 TEL:079-222-3581 FAX:079-222-3587

デジタルパンフレット