淳心学院の教育改革

淳心学院の教育改革

2018/10
M4修学旅行

 10月1日(月)から10月5日(金)までM4の付き添いで東北・東京への修学旅行に行ってきました。スタートが台風の影響でJRがちゃんと動くかどうか、飛行機が伊丹から仙台まで飛ぶかどうか心配されたのですが、幸いにもそれぞれ動いてくれて無事に出発することができました。私が今回の旅行で一番印象に残ったのは初日に行われた仙台空港に隣接する閖上地区での震災学習でした。閖上地区は仙台空港の北側に位置していて、名取川と太平洋に面し漁港もある住宅地です。東日本大震災の時にはこの地区で津波によって約1000人の方が犠牲になったということです。私たちは震災当日は子供たちの中学校の卒業式に出席していたというお母さんたちのガイド3人の方に案内されて、震災当日の話を聞き、津波の映像を見、現地を歩き、バスで周辺を見学させてもらいました。現地は水産加工工場がいくつか再建されている以外は、津波の被害にあったところはほとんど更地のままになっています。この地区でこれだけ大きな犠牲が出た理由はここまでは津波が来ないと思われていて避難が遅れたことと、皆が車で避難しようとして大渋滞になって津波に巻き込まれてしまったことがあげられています。しかし私が現地で感じた事は、海に面した平らな地形で震度6の地震が3分ほど続くという大地震で津波がくることが予測されなかったとすればやはり災害に対する油断があったのではないかという思いです。ガイドさんも過去に津波の記録はあるのだがそれがきちんと継承されていなかったということを話されていました。また親が子供とはぐれてしまって探しているうちに津波に巻く込まれるという例もあったそうです。ガイドさんはこれについていわゆる「津波てんでんこ」の話をされてまずは自分の安全を最優先して避難することの教訓を話されました。

 とにかく最近の日本は残念ながら災害が頻発してどこにいても災害に遭う可能性があります。こうした状況の中で生きていくためにはまずは自分が常に災害に遭う可能性があるということを覚悟する必要があると思います。予測出来ないのは地震と津波ですが、台風や洪水もあります。これらの災害にあったら自分としてどの場所においてはどう行動するかということをある程度頭の中でシミュレーションしておく必要があるでしょう。こうしたことを生徒が感じてくれたら有意義な震災学習だったということになると思います。

学校案内
中学入試について
淳心教育の特色
進路
学校生活
学校法人淳心学院中学校・高等学校
〒670-0012 兵庫県姫路市本町68 TEL:079-222-3581 FAX:079-222-3587

デジタルパンフレット